You Are At

三徳ナイフ対シェフ・ナイフ:違い

三徳ナイフ対シェフ・ナイフ:違い

三徳包丁 とシェフ ナイフ 形も機能も似ているので、同じかどうか疑問に思う人も少なくありません。どちらのナイフも用途が広く、さまざまな切断作業に適用できます。実際、それらは非常に似ているので、三徳は単なる西洋式の日本版と見なされます シェフ ナイフ。それらも交換可能です。

世界中のプロのシェフがデザインし、使用している三徳包丁のコレクションをご覧ください。

西洋の牛刀と同じように、三徳は汎用のナイフです。しかし、これら2つの切削工具は、仕事での並外れた性能により人気を博していますが、それらを区別するものはたくさんあります。

三徳包丁対シェフナイフ:違い

したがって、 三徳包丁シェフナイフ 以下の通り:

  • サイズ:標準の三徳包丁のサイズは5〜7インチですが、シェフのナイフのサイズは8〜10インチです。これは、三徳は通常、牛刀よりも小さいことを意味します。しかし、最近では、短いシェフナイフや長い三徳を見つけるのが一般的です。
  • :三徳包丁は、真っ直ぐな刃のくぼみがくり抜かれているのが特徴です 。この機能は、食物の放出を容易にすることを目的としています。シェフナイフは、幅広で先細りの形状と美しくシャープなエッジが特徴で、簡単に切ることができます。
  • 用途:三徳包丁と牛刀の主な違いは、食品の切断方法にあります。シェフのナイフの湾曲した刃は、たくさんの野菜を切り刻むときにまな板を横切って前後に揺れるのに理想的です。一方、三徳包丁の幅広で平らな刃は、主に一回の下方への動きで切断するため、切り刻むのに最適です。
  • 重量:三徳包丁は、牛刀よりも短く、薄く、軽いです。これは、手が小さい人は、シェフナイフよりも扱いやすいと感じることを意味します。

全体的に、三徳と シェフナイフ ナイフブロック(または引き出し)に入れるのに最適な切削工具です。長い刃が必要な作業にはシェフのナイフが便利ですが、三徳包丁を使用すると、手間をかけなくても食べ物を切ることができます。

三徳包丁について知りたいことすべて

刃の端にくり抜かれたくぼみが特徴の万能包丁に出くわした可能性があります。ほとんどの人は、彼らの間に存在する多くの類似点のために、このナイフを西洋のシェフナイフと間違えることがよくあります。ただし、三徳包丁は牛刀とは異なります。

ザ・ 三徳包丁 日本発祥で、もともとは洋食を作りたい日本人の家庭料理人のために作られました。日本人の料理人にとって、三徳包丁は牛刀に相当します。このツールは通常、長さが5.1〜7.9インチの範囲で測定されます。

言葉 「三徳」 より緩い翻訳を好む場合は、単に「3つの美徳」または「3つの用途」として翻訳します。ナイフは、ダイシング、チョッピング、ミンチの3つの能力からそのように名付けられました。これは、すべてのシェフが手元にある素晴らしいツールになります。

三徳包丁のすべてのデザインは、目的を目的としています。したがって、それはそこにある最も機能的なキッチンツールの1つとして広く見なされています。たとえば、ナイフのスカラップで仕上げられたグラントンエッジは、刃と切断される材料との間に空気を入れて、通常はスライス中に刃に付着する果物やタンパク質などの食品を放出できるようにすることを目的としています。

さらに、この機能により、細かいスライスが可能になり、ユーザーがブレードから材料を簡単に取り外すことができます。三徳包丁にはボルトがなく、刃全体が使えるようになっています。ナイフについてもう一つ欲しいのは、それが軽量で繊細なバランスを持ち、快適でバランスの取れたグリップを提供する細いハンドルが付属していることです。こうすれば、手が小さい人でも便利です。

Vie Belles Reserved Santoku Knife

あなたがたくさんのものを切るのが好きなタイプであるならば、あなたは使うことができます 三徳包丁 非常に長い間、疲れを感じることなく。小型軽量設計と優れた重量配分により、この万能の日本人は、どこにでもある最も信頼性の高い切削工具の1つになっています。

これらの理由から、ナイフは西洋人の間で信じられないほど受け入れられています。その軽量な性質により、このツールは、果物、野菜、魚、骨なし肉、鶏肉などの準備など、多くの切断作業を実行するのに最適です。

 

三徳包丁を選ぶ理由

牛刀のように、 三徳包丁 ほぼすべての切断作業に使用できます。前述のように、刃が広いので、果物、野菜、骨なしの肉や鶏肉、魚などを簡単に切ることができます。

また、手軽で軽量なため、大量の食材を切るのに便利です。刃が薄いため、力を入れなくても正確に切断できます。全体的に、三徳包丁はあなたが台所の仕事をより細かく制御できるように作られています。

人々はまた尋ねます:

三徳包丁は何を切るのですか?

 

三徳は日本語で3つの用途を意味します。もともと野菜の魚や肉。これらの食品を1本のナイフで問題なく切断できるように設計されています。スキルを習得したら、三徳を使用して他の多くのナイフも使用できます。それはあなたの最初の台所に最適です。

 

三徳包丁のメリットは何ですか?

 

良いことは、三徳包丁のコツをつかめば、他の多くの包丁でもそのスキルを使用できることです。さまざまなナイフのベースであり、基本的な切断技術でもあります。

 

本当に三徳包丁が必要ですか?

 

三徳包丁は、野菜、魚、肉を一本のナイフで切るように設計されています。三徳包丁は用途の広い包丁です**。それはあなたがあなたの台所に持っている良い最初のナイフになることを目的としています。そして、それは多くの料理人にとってなくてはならないものです。

 

三徳包丁はどのように使いますか?

 

あなたがする必要があるのはまな板の上に肉や野菜のようないくつかの食べ物を置くことです。次に、ナイフの端を下向きのクイックモーションで押すだけで済みます。多くの日本人料理人はこの方法で切断します。前後のストロークまたはまっすぐ上下のチョップ。

 

どんなナイフを持っていますか?ナイフの使用経験はいかがですか? コメントセクションで私たちとあなたの考えを共有してください。

 

コメントセクションで私たちとあなたの考えを共有してください。

Chef Maryam Ghargharechi

Chef Maryam Ghargharechi

Proud mom, wife, and red seal chef with a passion! Member of WACS, CCFCC, and BC Chefs' Association.

を残すコメント(全ての分野で必須

コメントが承認される前に示します。
×
Welcome Newcomer